トップページ > オリジナルのぼり > 集客させる色見本

集客させる色見本

のぼり・旗は、ドライバーの高速移動中の車内からでも視認できるように配慮し、できるだけシンプルなデザインと遠目からでも映える色が望ましいです。

イメージカラーが決まっていない場合はこちらの色見本をご参考ください。色によって与えるイメージは全然違ってきますが、ただ「派手で強い色」を選ぶよりも、お店の性格にあった色味を選ぶのがお客様を安心させ、来店させるポイントです。

デザインの際には布地に印刷しますため、パソコンのモニター越しの色より実際は若干薄くなりますので、同じ配色でも濃い色にした方が良いです。
※例えば薄いパステル基調で文字の白抜きはキレイですが実際には視認しにくく訴求として失敗です。同系色で縁取りをつけたりすると柔らかい印象はそのまま視認性が上がります。

アカ系

アカ系のぼり

業種問わず、のぼり・旗で使用される頻度の高い配色です。一般的にも一番目に飛び込んでくる色で、エネルギッシュでアクティブな活動を促す色の効果もあります。アカ単色でなく、黒・黄色というような強い色を加える事でより効果が大きくなります。

オレンジ系

オレンジ系のぼり

目立つだけでなくアカよりソフトな印象を与える事ができるので、のぼり・旗では、効果的な配色です。オレンジにはヒーリング効果があり、親しみやすさを感じる色なので、例えば店員の心配り・明るさ・元気さを想起させ、お店の印象を良くする効果があります。

イエロー系

イエロー系のぼり

交通標識のように警告を促す効果でよく使われる色ですが、広告では肉体的疲労の回復や金運をつかさどるといったように、プラスに働きかける色でもあります。明度が高く、白が目立たなくなってしまうため、のぼり・旗では2色以上の使い方で最も効果のある配色です。

グリーン系

グリーン系

一般的に心身のバランスをとり安定させる働きのある色です。例えば、薬局の看板に多くありませんか?薬事法によりアピール性の高いコピーは極力避けないといけないので、店名のみになりがちですが、このように簡潔でイメージの良さを伝えるのに最適の色です。ガーデニングや野菜の新鮮さをアピールしたい時はオレンジとの2色も効果大です。

ブルー系

ブルー系

アオは知性、清潔、平和、誠実、信頼など、全般的にイメージの良い色です。のぼり・旗では、清涼飲料水、スポーツ、ビジネス・不動産といった企業様に使われる販促物に頻度が高く、ハズレのない配色といえます。

ネイビー・パープル系

ネイビー・パープル系

重厚さや高価なイメージを伝えるのに最適です。のぼり・旗では、濃い色を全面に出し文字は白ヌキ、または2色がオススメです。同系の2色だとよりイメージを強める効果があり、違う色でも文字を際立たせる効果があります。

パステル系

パステル系のぼり

やわらかい印象を与えるパステル系の色ですが、使う場合は一工夫が必要です。

【A】のような、パステルの地色に白抜き文字ののぼり・旗では、視認性が低くアピールポイントが全然目立ちません。

【B】のようにパステルの地色に同系の濃い色を使った場合。視認性は上がりましたが、まだぼんやりした印象があります。

のぼり・旗をどうしてもパステル系でいきたいお客様は、【C】のように白フチをつけることと、アピールポイントの配色を同系にすることでイメージを活かしつつ、目立たせることができます。

Copyright © 2012 - 販促本舗 All rights Reserved.