トップページ > お客様サポート > 繁盛するのぼり

繁盛するのぼり

とにかく目立つこと!!

のぼり・旗は、ドライバーや高速移動中の車内からでも視認できるように配慮し、
できるだけシンプルなデザインと遠目からでも映える色とを選んで、目立たせましょう。

のぼりのメリットとは?

安値でバツグンの訴求力!!

のぼり・旗は、企業やお店だけでなく一般の方々にも気軽にご注文でき、価格も比較的安価にもかかわらず販売促進効果があるということがメリットに挙げられます。

ポケットティッシュのような街頭での手配りは、その分人件費など納品後にも経費がかかります。
その点、のぼり・旗は少ない予算で最大の集客効果があり、販売促進効果を狙うなら一番効果的だと思われます。


のぼり・旗の存在感!!

年齢層問わず、のぼり・旗周辺を生活圏としている人の動線やドライバーに訴求できます。

ライバル店が密集するショッピングモールでは、土産物屋さんなど買って欲しい商品や飲食店様のサービスデー等、ひと目で訴求できます。
スポーツやイベント、祭りの催しではその場の雰囲気を盛り上げる効果がありますので、学校、企業様のアピールにも最適です。


のぼり・旗は、手軽に次々変えられる看板です!!

のぼり・旗の販促としての特性を活かすのも手です。

大小の違いや敷地内という設置場所の範囲の問題はありますが、訴求効果からいえば、設置させている期間は風や雨にさらされながら年中無休でアピールし続けられるわけですから、のぼり・旗は看板とほぼ同じ訴求効果があるといえます。大手スーパーや量販店のタペストリーなどはその代表といえるでしょう。

しかし看板は、のぼり・旗のように一度設置しますと簡単に撤去できません。
その点、のぼり・旗は簡単に撤去できます。ファミリーレストランの季節限定新メニューにちょっと目をひかれた経験があるお客様は多いでしょう。

季節モノはもちろん、サービスデー、イベントなどに合わせて次々変えていったり、増やしていったりできますので、お客様を飽きさせず、楽しみにして頂けるような気持ちを誘発させる事も可能です。


単色のぼり旗のメリット
  • シンプルなので遠目からでもストレートに訴求できます。
  • 文字主体のデザインだから、わかりやすく、憶えやすい。
  • 単色なので敷居を感じさせず、親近感を与えます。
フルカラーのぼり旗のメリット
  • 写真でしか表現できない美味しさのイメージを伝えることができます。
  • お店のイメージと売りを具体的に知らせることが出きます。
  • 言葉だけでは伝えられないイメージを伝えることができます。

お店の主力となる商品を一番目立つ店頭でアピールできる!!

入りやすいお店の最大のポイントは、そのお店の主力商品が入り口で伝わっているかどうかです。

多くのお店が乱立し、のぼり・旗がしのぎあっている中、しかも専門店化する中で、自店を選んでもらうには「○○屋さん」というようなアピールの仕方ではやはり弱いです。

『美味しさに自信を持っている』『安さなら負けない』『他では置いていない』『こんな特典やサービスをやっている』といった、主力となるものを一番目立つ店頭でアピールできるのが、のぼりという販促方法です。

ページトップへ戻る

他店・他社との差別化をどう出していけるか!!

他店・他社と違った見せ方を考えよう!!

近隣に同系統のライバルとなる他店・他社がいる場合

どうしても買って欲しい商品が色々あったり、食べて欲しいメニューがいくつもあると思います。お客様に、自信を持っている商品・メニュー、 商材等で勝負したいところでしょう。

それも悪くありませんが、もし、その勝負でお客様の反響が無かった場合、手を打たないといけません。

例えば、仮にお客様と同じ系統の他店があったとして、同じように、のぼり・旗を立てているとします。その場合、他店と同じようなコピーや色ののぼり・旗では新規のお客様は どっちにしようかと、足を止める事は難しいかと思います。

のぼり・旗の特性上、長いコピーは文字自体が小さくなりますので、文字数や書体、配色など、ライバルとなる他店の、のぼり・旗と差別化し、より目立つような、興味を持たすような工夫が必要でしょう。


のぼりの本数と意外な通行人の反応

新規のお客様となる通行人にとって、立ててあるのぼり・旗の本数が多ければ多いほどその店が繁盛しているイメージを持つものです。飲食店なら特にそのお店の味が美味しいから繁盛していると想起させます。

逆に、のぼり・旗の本数が少ないほど、店内のお客は少ない、味や対応がイマイチ、というようにマイナスイメージを持たれ、敬遠されるケースが考えられます。

しかし通行の妨げになるほど乱立している場合、また景観を損なうような無秩序な色使いもまたお店の印象を悪くするものです。雰囲気を盛り上げ、かつ、お店の景観を損なわないバランスは通行人やドライバーに良い印象を与え、すぐではなくとも「近いうちに行ってみよう」という気持ちにさせる十分な販促効果があります。

のぼり・旗の効果的な設置方法のページもありますので、こちらもご参照下さい。

Copyright © 2012 - 販促本舗 All rights Reserved.