うちわを作るならうちわ本舗!業界最安値で売上アップに貢献します!

創業40年!販促本舗提携サイト うちわ本舗 フリーダイヤル0120-296-890(TEL078-360-6338・FAX078-360-6337) メールでのお問合せはこちら
トップページ > 配色について(上級編)
配色について(上級編)

うちわのデザインを制作で重要な配色ですが、基本編では色相環で色の関係性についてご説明しました。
今回は配色するうえでメインカラー、ベースカラー、アクセントカラーの使い方についてのお話しです。

デザインの基本となる3色を決める

明るい雰囲気にしたい、シックで高級感を出したいなど、うちわ制作のコンセプトは様々ですが、
まずはデザイン制作の基本となる3色を決定します。

3種類のカラー比率例

色を決める時の順番について

上記のようにベースカラーの占める割合が大きいのですが、実際に配色する際は
まずメインカラーを決定します。うちわを配るターゲットユーザーを想定し、
気に入ってもらえそうな色を選びましょう。
その次に背景となるベースカラーを決め、最後にデザインのポイントとなる
アクセントカラーを決めていきます。

メインカラーを決める時の考え方
  • ターゲットユーザーである人物が好みそうな色
  • デザイン制作のコンセプトに合うと思う色
  • パッと一目で見て文字が読みやすいかどうか
ベースカラーを決める時の考え方
  • 先に決めたメインカラーを際立たせる色
  • 広範囲を占めるので全体の雰囲気を壊さない色
  • 文字が読みやすく目が疲れない色
アクセントカラーを決める時の考え方
  • 少ない面積でも存在感を出せる色であること
  • メインカラーの色相と離れた方が目立ちやすい
  • ベースカラーに馴染まないようにすること
いろんな配色バリエーションを考えてみましょう

たとえばメインカラーを緑色に決めたとします。
次にベースカラーはメインカラーと同じ色で色相を明るくした黄緑や、
近似色の黄色、もしくはまあまあ近いオレンジの薄い色で無彩色に近づけるなど、いろいろなバリエーションが考えられます。

最後はアクセントカラーですがメインカラーの補色であるピンクや、
ベースカラーが黄色の場合、その反対色である青色を使うと
とても目立ちやすくなりますね。

基本の3色以外に色を使う場合

メインカラー、ベースカラー、アクセントカラーはあくまで基本となる3色です。
実際にうちわを制作するときには3つ以上の色が必要になってくるかと思いますが、
基本色が決まっていると、全体にまとまりが良くなります。

また、3色以上を使う場合は決めた基本色の近似色や明度を変えたものなどを使うと
あまりごちゃごちゃした印象にならずにすみます。