除菌アルコールウェットティッシュを低価格で販売!除菌効果・使い方もご確認ください!

トップページ > ウィルス対策予防グッズ特集 > 除菌アルコールウェットティッシュ(国産)

除菌アルコールウェットティッシュ(国産)

(商品のみ)最低ロット:500個

除菌アルコールウェットティッシュ(国産)

ウィルス対策グッズとして大人気の除菌アルコールウェットティッシュ!

外出先でハンドジェルやアルコール消毒液がなくても安心です。
会社や外出先で使いやすいから喜ばれること間違いなし。
風邪やインフルエンザなど、感染症に注意が必要な冬場は重宝するでしょう。
高い受取率が期待できますし、なんと即日発送OK!
ノベルティ・販促品で会社の知名度を上げたい方、早く商品がほしい方におすすめしたい商品です。
ただし、数に限りがございますのでお早めに!

価格一覧表

ご購入・お見積

商品詳細

パッケージ色 白色 入り枚数 10枚
寸法 (外袋)145mm×85mm、(原紙)140mm×200mm
最低ロット (商品のみ)500個~
送料 関東~九州まで1ヶ所3ケース(1500個)以上元払い。
差額送料 東北400円/ケース・北海道500円/ケース ※1ヶ所2ケース以下は600円/1ヶ所

価格表

商品のみ
500個 1000個 2000個 3000個 4000個 5000個
27,500円(¥55/1個) 50,000円(¥50/1個) 96,000円(¥48/1個) 138,000円(¥46/1個) 174,000円(¥43.5/1個) 210,000円(¥42/1個)

既成品のみのご案内となります。

上段:合計金額(税抜)/下段:1個当たり単価(税抜

ご購入・お見積

アルコールウェットティッシュで除菌しましょう!

今年猛威をふるっている新型コロナウィルス、インフルエンザなど、ウィルスは毎年問題になりますよね。
アルコールウェットティッシュで除菌して、身の回りを清潔に保ちましょう。

除菌アルコールウェットティッシュで本当に菌が減るの?

「アルコール入りでもウェットティッシュに除菌効果なんてあるの?」という疑問をお持ちの方!
埼玉県が実施した除菌ウェットティッシュに関するテストでは、次のような結果が出ています。

ウエットティッシュの拭き取り回数と除菌効果(白い点が菌)

写真.ウエットティッシュの拭き取り回数と除菌効果(白い点が菌)

  • アルコールタイプ、ノンアルコールタイプのいずれの除菌ウエットティッシュも、1回の拭き取りだけで全ての細菌を除去することは困難でした。
  • 除菌ウエットティッシュ(アルコールタイプ)が最も除菌効果がありましたが、除菌表示のないウエットティッシュや水道水を含ませたティッシュペーパーでも除菌をすることができました。
  • いずれのテスト対象商品も拭き取りの回数を重ねることで細菌数を減少させ、3回目の拭き取り後は大部分の細菌を除去することができました。

出典:除菌ウェットティッシュの効果をテスト - 埼玉県

テスト結果によると、3回目の拭き取り後は大部分の菌を除去できたということです。
また、4種類の中ではアルコールタイプのウェットティッシュに最も除菌効果があったことも分かっています。
会社内や店舗内を清潔にしておけば、従業員だけでなくお客さんも安心です!
アルコールウェットティッシュをぜひご活用ください。

除菌アルコールウェットティッシュでの除菌方法

除菌アルコールウェットティッシュを使う時は、次の2点に注意が必要です。

  • 拭く場所
  • 拭き方

ここからは、アルコールウェットティッシュを使ったおすすめの除菌方法をご紹介します。

ドアノブやキーボードなどよく触る場所を拭く

除菌アルコールウェットティッシュを使うなら、人の手がよく触れる場所を重点的に拭きましょう。

【会社の場合】

  • ドアノブ
  • パソコンのキーボード
  • プリンター

など

【店舗の場合】

  • ドアノブ
  • メニュー表
  • お客さんが読む雑誌類

など

折りたたんで3回の使用が経済的

1度使ったウェットティッシュを繰り返し使うと、ウェットティッシュに付いた菌が他の場所に付着するかもしれません。
ウェットティッシュ1枚を有効活用するには、次の方法がおすすめです。

  • 半分に折りたたんで1回目の拭き取り
  • 使っていない面で2回目の拭き取り
  • 裏返して3回目の拭き取り

ウェットティッシュでの除菌についてよくある質問

ウェットティッシュでの除菌に関して、よくある質問をまとめてみました。

どんな成分が入ってるの?効果は?

当店の除菌アルコールウェットティッシュに入っている成分、成分の特徴は次の通りです。
4種類ある成分の内、エタノールと塩化ベンザルコニウムに除菌作用が期待できます。

  • 精製水
    精製水とは、ミネラルや細菌をろ過した水のことです。 不純物が入っておらず肌の負担にならないため、化粧水など美容関連の商品によく使われます。
  • エタノール(アルコール)
    エタノールはアルコールの一種で、除菌作用を持つ成分です。
    濃度70%以上で高い効果を発揮しますが、40%以下でも繰り返し使用すると殺菌力が認められると報告されています。
    ※当商品のエタノール濃度は30%です。
    参考サイト:食品工場の微生物制御へのアルコールの利用技術 (2012年7月発行)
  • バラペン
    パラベンはパラオキシ安息香酸エステルの総称で、防腐剤としておなじみです。
    毒性が低いため、化粧品など幅広い分野で使われています。
  • 塩化ベンザルコニウム
    塩化ベンザルコニウムは抗菌や洗浄に使われる成分です。
    手や指の消毒に適しているとされ、消毒薬として広く使われています。
    参考サイト:健栄製薬 | 9.塩化ベンザルコニウム 塩化ベンゼトニウム|各種消毒薬の特徴 | 感染対策・手洗い (参照 2020-04-09)

人が触りそうな場所・モノは全部拭いた方がいい?

人が触りそうな場所やモノを「全部拭く」除菌方法は、キリがないのでおすすめできません。
人がよく触る場所やモノは拭いて、手洗いをこまめに行う方が現実的です。

アルコールウェットティッシュでスマホを拭いても変色・変形しない?

アルコール入りグッズによるスマホの除菌は、変色や変形の恐れがあるためNGとされていました。
しかし、近年は各メーカーとも少しずつ見解を変えており、基本的にアルコールウェットティッシュでやさしく拭く程度であれば許容されるようです。

各メーカーの見解については、次のページをご覧ください。

3分で読めるウィルス対策お役立ち情報