うちわを作るならうちわ本舗!業界最安値で売上アップに貢献します!

創業42年!販促本舗提携サイト うちわ本舗 フリーダイヤル0120-296-890(TEL078-360-6338・FAX078-360-6337) メールでのお問合せはこちら

うちわの豆知識・お役立ち情報

トップページ > フォトショップでの決まり事
フォトショップでの決まり事

前頁の「うちわ本舗がお教えするイラストレーターでの決まり事」で、
Adobe Illustratorを使った入稿方法をご紹介しました。
今回はAdobe Photoshopでデータ作りのポイントをご説明します。

印刷用データでの画像解像度

解像度が十分に無い画像は、印刷すると粗く、ぼやけた雰囲気になります。インターネット上の写真や、
携帯電話で撮影された画像は解像度が低い場合が多いため印刷には向いていませんのでご注意下さい。

画像解像度とは?

その画像がどのくらいの密度で構成されているかを表す数字のことです。
1インチの中にいくつかのピクセル(マス)が並んでいるのかを表しており、
1インチあたりのピクセルの数が多いほど、画像解像度が高いといえます。

比較すると350dpiだと綺麗に印刷されますが、72dpiだとギザギザになったりぼやけた感じになります。
もともと解像度の低い画像をサイズを保ったまま高解像度に修正することはできません。
データを作成するときには、あらかじめ解像度の高い状態で作業を進めるようにしましょう。

解像度350dpi以上にする必要はありません

350dpi以上の解像度で作成すればより綺麗に印刷されるというわけではありません。
数値を大きくしても仕上がりは殆ど変わらず、データの容量が重たくなるだけなのでご注意ください。

ドキュメントカラーモードはCMYKで

カラーモードをRGBのまま作成すると、画面上での色味と仕上がりとの色味が変化してしまう場合があります。
イラストレーターと同様にフォトショップでもカラーモードはCMYKでご入稿ください。

カラーモードについて詳しくはイラストレーターのページをご参照ください。

文字のレイヤーにラスタライズをかける

フォトショップ内でテキスト入力した場合は、文字化けを防ぐ為に
レイヤーにラスタライズをかけたデータでご入稿ください。

ラスタライズのかけ方
保存形式について

フォトショップでの保存形式は、フォトショップ形式(ファイル名.psd)か、
フォトショップEPS形式(ファイル名.eps)での保存を推奨しています。

保存形式の確認画面

フォトショップでうちわのデータを制作する場合は上記の内容を頭に入れて作成しましょう。もし途中で分からないことや、このデータの作り方で合っているのかなど困ったことがありましたらお気軽にお尋ねください。仕上がりが不安な場合は、色校正や細かい指示書などを提出するとよいでしょう。